サビアンシンボル牡羊座7度

2017.02.04 Saturday 14:54
0

    牡羊座7度
    Aries 7. A man successfully expressing himself in two realms at once.
    日本語訳:一度に2つの領域で自己表現することに成功した男。

    (サビアンシンボル牡羊座7度の意味)

    • 自分を制御することで得られる魂の自己実現。
    • 心身一如。
    • 理性と本能のバランスをとる。


    (牡羊座7度の解説)
    7という数には、異なる要素のバランスをとる意味があります。タロットの「7:戦車」に表れているように、異なる要素を上手に制御することで大きな勝利を掴むことができます。大成功した人のチャートにはスクエアのアスペクトがある場合が多く、さまざまな葛藤や対立を乗り越えることで大きく成長することが分かります。

    キリスト教における7という数の重要性は、世界創造の7日目が安息日であること(6の結果が7)や、七元徳や黙示録の7つの封印などにも見ることができます。また、ヨガで主要チャクラは7つあり、頭頂部にある第7チャクラ「サハスラーラ」が高次の意識(ハイヤーセルフ)と通じているとされています。これらのことから、7は神の本質に関係した数と言えるでしょう。

    7という数で面白いのは、認知心理学のG.A.ミラーによる「マジカルナンバー7」という概念です。ミラーによると、人間が一時的に記憶できる数は7±2であり、人間が認識できる情報の1単位になるそうです。資格デザインでは、けっこう頻繁に語られるうんちくでもあります。
    宗教的なイメージが強い7ですが、もしかすると、人間の感覚は7という数で世界を認識するようにできている可能性があります。虹を7色としたのも、音階を7つの音(半音含めると12音)に分けたのも、この「マジカルナンバー7」の影響が全くないとは言えません。

    先日のワークショップでもお話しましたが、サビアンシンボルに登場する男性の元型が何であるか考えると、この牡羊座7度に登場するのは至極当然のことと言えます。男性は自分を鍛え、多くの困難に打ち勝ち、最後に大きな勝利を手にするという役割なのですね。一方の女性は概念など、形にできないものなどを表します。
    だから、この牡羊座7度の男性は相当努力したと言えるのでしょうね(笑)。

     

     

    category:サビアンシンボル牡羊座 | by:DANA.Mcomments(0) | -

    スポンサーサイト

    2018.05.07 Monday 14:54
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment